読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

有侭唯一

読み終わったらトップページも見てね!

はじめまして。─ブログとは何か─

はじめまして。ありのままゆいいつ(@YweetsTweets)と申します。

より優れた環境を求めて、Twitterからはてなブログへと飛んできました。

はてなブログを選んだわけ

Twitterの難点

  • 文字制限
    140文字以内で表現することを求めるSNSゆえ、表現はどうしても箴言になります。すると読者は結局投稿者の意図が理解できません。短い言葉では伝えきれない思いをしっかり書きたいと思ってブログを始めました。
  • タイムスタンプ性、あるいは編集不能性
    時間の使い方が残ってしまうので、自分の単位時間あたりの生産性を高く見せようとしてツイートを続けて投稿し、その結果、時間に追われた気分になってしまいます。それに、多くのツイートと引き換えに内容が薄くなってしまうかもしれません。また、後から書き換えることも出来ないため投稿時にはプレッシャーを、投稿後には後悔を感じてしまうかもしれません。これらは精神衛生上好ましくありません。後から編集できるという安心感があるからこそ投稿できますし、後から編集するから記事の質はどんどん良くなるのです。
  • 時間依存性
    ニュース性が高く、トレンドの話題しか共有できないのはSNSの欠点です。それはもちろんSNSのまさにその特徴であり、楽しいものですが、中身の濃いコンテンツの割合が低いです。

Twitterの利点はTwitterTwitterらしくしますが、一方でそのトレードオフとして欠点も出て来るのです。

はてなブログの良さ

  • ブログの可能性
    後ほど述べますが、はてなブログのみならずブログ全般に言える、ある可能性に気付きました。
  • デザインの素晴らしさ
    もちろんデザインはスタイルシートかテーマで変更できるのかもしれませんが、最もよく使われるであろうデフォルトのデザインは中身を相補するのに最適であると感じました。中身は外見を、外見は中身を相補するという関係です。まず、不快な広告がありません。さらに、フォントの文字色、サイズ、そして要素の配置も最適です。余計な装飾を施さず、外見においてシンプルを貫いています。デザインにおいて、はてなブログは他のブログサービスとは一線を画しています。
  • はてなブログユーザーへの憧れ
    他のどのブログサービスと比較しても、はてなブログのコンテンツの質の高さが明らかに分かります。はてなブログSEOでの強さからも示されています。不思議です。でも、それがはてなブログなのでしょう。私もその場に参入したいという思いを強めました。

ブログとは何か

それはさておき本題へ。

ブログとは何でしょうか。この問いは意義深いものであり、人によって答えは様々でしょう。私はブログをレコメンデーションプラットフォームと捉えています。

情報は人から人へ伝わる

生産性を上げるには情報が必要です。ではあなたはどのようにして情報を集めるという、この最も重要なタスクを実現していますか?もちろんGoogle検索は素晴らしいです。しかし、欲しい情報がなかなか見つからないこともありませんか。検索では得られない偶然の出会い、思いがけない発見、あるいはリープ(飛躍)はブログで得られるということに私は気付きました。人が起点となるのです。これは世界最大のSNSfacebookの創始者であるザッカーバーグの信念でもあります。畢竟、ブログは個々のコンテンツの集合に過ぎません。しかしそれら全てを1つに束ねる唯一の人間がどのブログにも固有に存在します。一人の人間があらゆる事象に関するコンテンツを統べることで、情報は整理され、生産性を上げ、私たちを豊かにしてくれるのです。

具体的にどういう事か?

個人は社会を、社会は個人を変えます。Webは社会の一部です。このWebを、もっと豊かにしませんか。それは信頼によって結ばれた、匿名の、豊かさに満ちた世界です。あらゆる個人がそのコンテンツによって評価され、読者を増やし、また自分が心から敬愛する人を賞賛する社会。それはある意味で原始的かもしれませんが、人間本来の姿です。現在のWebはまだまだ豊かとは言えません。それは良質なコンテンツをGoogleが拾えていないからではなく、単にコンテンツがまだ足りないからです。もしみんなでこの壮大なプロジェクトを遂行できたなら、私たちは今までよりもはるかに多くの楽しみを享受することができるでしょう。だから、私もその一員としてレコメンデーションプラットフォームとしてのブログを始めるのです。是非みなさんも始めてみてください。

当ブログの方針

個人的な考えから、テクノロジー、学問、芸術に至るまで幅広い分野をテーマに記事を書きます。どんな些細なことでも書くことが、よりよい生活をするための知識の共有になります。是非どんどん質問して下さい。また、物の紹介だけではなく人の紹介もします。 これが、先ほど述べた人から人へ伝わる情報網です。共有すべきと思う全ての知識やアイデアをカバーし、一人の人間を網羅します。ただ、知財となりそうなものに関しては控えておきます。公開できるようになったら公開します。

それではどうぞお楽しみ下さい。