有侭唯一

読み終わったらトップページも見てね!

教育プラットフォームとしてのブログ

ブログは教育プラットフォームである

このブログにも、数学などのコンテンツがある。また、学習上有用なページやサイトにリンクを貼っている。現代は、集合的作業が学習のコストを大幅に下げることを可能にしている。一般に、教材はお金を払わなければ見られないというのが常識となっている。この必要はない。誰もがテキストの著者になれるのが今の時代である。ブログは、少量のコンテンツを公開することを可能にした。たとえ、一冊の本が書けるほどの量でなくとも一部分だけでも立派なコンテンツとして公表できる。

これが何を可能にするか。それは苦労することなく得られた高品質な教材である。もちろん、ブロガーたちは基本的には無償で(広告収入などインセンティブもあるかもしれないが)執筆するわけだから、有料のものと比べて平均的なコンテンツの質は低いかもしれない。しかし、有用なコンテンツは必ずや評価されるであろう。

したがって氷山の一角のように、大量のコンテンツの中からほんの少しの割合の良質なコンテンツを選べばいいだけである。母数が大きいから、当然良質なコンテンツの量も多くなる。ブロガーは、それらのコンテンツへのリンクを貼ればよい。リンクを貼ってまとめ上げるのも仕事である。このリンク集が、いわば「一冊の本」なのである。本を一冊作るのは一人の人間には大変労力のかかる行為である。そんなことができる人は中々いない。よっぽどの暇人か、それで生計を立てる人だけであろう。それはごく一部である。

世の中にはこれだけたくさんの生徒がいるのに、あれだけしか教科書や参考書といったものがないのが不思議である。この時代は、生徒でも「参考書」を執筆できる時代である。また、参考書を編纂できる時代である。そもそも、参考書の良し悪しなど、他の生徒の評判を聞く他分からない。それはどこでも同じである。よいコンテンツを評価して編纂したもの、それ自体はコンテンツである。このコンテンツが生徒の間で評判を集めれば、通常の参考書と全く同じである。質は変わらないどころかむしろ集合的な作業のおかげで、良くなっているだろう。

だから、私は皆さんにお願いする。教育コンテンツを作ってみてください。そして、ネットで見たよいコンテンツにリンクを貼ってまとめたコンテンツ(それはすなわち「本」である)を編纂して下さい。そしてそれを周りに広めて下さい。その評価は、あなたの周りの人たちが決めるでしょう。

具体的には

はてなブログはそれに最適なブログです。デザインが素晴らしく、読みやすい。また、数式なども美しく表示できる。だから、私ははてなブログを使うことをおすすめします。

それで、この作業は主に2つに分かれると思うのですが──実質的な中身の作成か、リンクをまとめて一冊の本の体裁に仕上げるか──どちらに専念しても、両方に専念してもよいですし、リンクは自分のものでもよいし他人のものでもよいです。全く難しい話ではありません。自分が詳しく知っている事柄について書いてみる事から始めましょう!